なじょしょば。

アクセスカウンタ

zoom RSS 男前☆飛雄馬  〜手は掛かってんだろも〜

<<   作成日時 : 2018/11/22 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「男前☆飛雄馬 総本店」。

画像


朝10時半からやってまして。
それとガッツリ系の多い、なにかとオイラには有難い店 




「安福亭」の後で、アッサリしたのを・・・たしか長岡生姜醤油なんてのが?

画像
画像

おっ、「かさね醤油」とな!? 

新潟の〇っとうやの人気ラーメンみてぇだなぁ。
よし!これにしてみよっ 


え〜〜〜と、、、ドコらいや???

画像

やったらゴチャゴチャしていて、よぉ判らんぞぇ 
店長ぉ〜〜、もっとスッキリさせてくんなせや 

券売機の左上、同じⒷのエビみそと
共通のボタン(写真、見切れてしもぉた)を発見。

店長に直接 『かさね醤油で』 って言って渡したけど、
『食券ご記入』と、書いてあるのを後で気が付きました。。。

食券機の前で、これだと・・・仕方無いと思いません? 




開店したばっかなんで、早めの提供でして。
「かさね醤油」 830円です。

画像

おお、でっけぇチャーシュー。
やっぱ似てんなぁ・・・。 ちなみに「〇っとうや」んのが

画像

ガラケーなんで小せぇのは、ご容赦を

これはちゃーしゅー麺ですが、デカくて長いチャーシューが・・・似て

画像



ませんっ  


いっとうや(あ、書いちった)のは炙って有りますけど、かなりオイリーで。
イキがってチャーシュー3枚食べましたが、若かりし頃でも
そのコッテリさに、『 こりゃ1枚で充分だな 』 と思いましたもん。


それに対して、ここんチんのは割合サッパリと。

画像

この厚みも然る事ながら、脂っぽさの無い、
しっとりとした噛み心地の肉で。

食べていても、染み出てくるのは脂では無く、
程好い塩加減の醤油の味なんです 


いっとうやンのが角煮としたら、飛雄馬ンのはステーキ。
今、思い返すとそんな感じがしました。




スープは粘度のある、ポッタリとしたモノ。

画像

最初にカツオかな?魚介の風味が来て、
あとからホンワリと豚骨が顔を出してくるって感じ。

魚介のざらついた舌触りが無く、塩加減も大人しいんで
ついつい飲み過ぎちゃいました・・・


今まで食べてきた飛雄馬の味とは違い、
荒々しさの無い、丁寧な造りのスープだなと思います。


あとね、麺を今年からリニューアルしたそうで。

画像

で、このスープには

画像

このブッとい麺。

丸みを帯びた極太麺は、モッチリと云うよりも、
まるで、グルテンの塊を食べているみたいデス 

麺を啜る...じゃなく、麺を食べるって表現になりますか。


200gって書いてあったんだけど、食べ終えた時にはそれ程でも・・・。 
 
ところが、チャーシューのボリュームも有りますが、
かなり腹持ちが良くて、後で買ったあぶらげが食わんねかったぁ(爆)




麺もスープも、もちろんチャーシューも大満足だったんですが、、、

画像

このビジュアル、少し大人し過ぎると思うんですよね。
迫力がないって言うか、ぱっと見、その値段よりも貧相な感じ。

コストが掛かっているんだろうなぁってのが
食べてみて判るだけに勿体なくて  

配列変えて、何とか出来んかなぁ・・・。




美味しかった、ご馳走様。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男前☆飛雄馬  〜手は掛かってんだろも〜 なじょしょば。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる