なじょしょば。

アクセスカウンタ

zoom RSS らーめん処 潤 蔵王橋店  〜群雄割拠の背脂界隈〜

<<   作成日時 : 2018/10/24 06:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前は長岡市内に3店舗在った「らーめん処 潤」。

それぞれ繁盛店でしたケド、上除店が休店?しちゃって、
現在は宮内店と、コチラの2店に。

画像

もっとも、見附から近いんで来ているのは、コッチばっかなんです 




久しぶりに来たら、休んでいるメニューもチラホラ。

画像

食べに来た時間が早かったのかな?お客さんも、まばら。
いつも混んでいたイメージが有るので、チョッとばかし戸惑っちまいました 



蔵王橋店で食べるのは、ほぼ決まってまして。

画像

これ 一択みたいなもんです(笑)

画像

中央に厨房、それを取り囲むようにカウンター席。
その一角で、店主の所作を見ながら待ってますと・・・




「ジュンジロォウ」 700円。

画像

名前のとおり、二郎インスパイアの一品。

むっつら (溢れんばかり) 入っていますが、お隣さんがオーダーした
中華そばのドンブリより、二廻りは小さいっていう見た目マジックです 




食券を渡す際に 『ニンニク入りますが?』 と、店員さん。
『ダイジョブデス』 と即答 ガッツリ行きたいですもんね  

画像

透明な油と、細かい粒の背脂。
でも、そんなにオイリーでは無く、スープ自体は
醤油っ!って感じで、スッキリしています。

潤と言えば、煮干しダシが代名詞見てぇなモンですが、
飲んでいる最中にはそれ程でも。。。 ですが、後から
ジワジワと煮干が、カムバックしてきましたよ。




スープはそんな塩梅で、じゃあニンニクは、いずこ??

画像

その答えは、「いっとうや」ばりの、長細いチャーシューの下にある
茹で野菜に、背脂と一緒に掛かっていました 


熱々の茹で野菜。

画像

二郎・・・と言うには少々寂しい量。 それでも
オッサンの腹を満たしてくれるには充分でした 




んでね、その上の長細チャーシュー。

画像

提供前に醤油ダレに浸けているんで、味は
好いんですけど、そのぶん、少し塩っぱくて。

脂も硬かったんでスープに埋めていたら、無くなっていました。
(歳かぁ? ナァんも考えずに食べてたみたい 




この太っとい麺も、潤の“売り”ですね 

画像

オイラの好みのブリっとした硬めのモチモチ麺。
麺量も多く、普通盛でも腹イッペになりましたぞ 




この近辺でも新鋭の「松」に「のろし」、古豪店の「安福亭神田店」と、
ガッツリを売りにした店が多く点在してまして。

こちら、蔵王橋店に来たのも1年ぶり。
背脂系を食べ慣れたせいか、あんまり油っぽさは感じなく、
スッキリとした醤油の風味を堪能出来ました  




あー美味しかった、ご馳走様。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らーめん処 潤 蔵王橋店  〜群雄割拠の背脂界隈〜 なじょしょば。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる